FILTERING LIGHT 2016



FILTERING LIGHT / 光を漉すこと
Interactive light installation / archive pictures from Mr. Michihiro Ota / slide projector bamboo, handmade Japanese Mino washi paper by Toyomi Suzuki, tatami mats / dimension variable / 2016 / 光の参加型インスタレーション  記録写真提供·大田道洋 スライド映写機、竹、美濃和紙(·鈴木豊美)、畳 サイズ可変 / 2016年制作

The light installation is a part of the KEEPING SHADOWS project, made during the Akiyoshidai International Art Village - Artist in Residence Support Program 2016 in Yamaguchi Prefecture, Japan.

The installation Filtering Light, based on the pinhole phenomenon. In Japan this phenomenon appeared naturally because of the fusuma* doors, and the paper panelled shoji **walls. So the traditional Japanese architecture is actually a camera itself [Fig.1.].  To play with this idea, I projected archive images - from the collection of Mr. Michihiro Ota - focused into the air of the exhibition space. To see them, visitors need to use the bamboo-shoji cameras. Watching throw the hole, the paper soften the light, and trying to create the atmosphere of the past.


[Fig.1.]
 インスタレーション作品「光を漉すこと」は、ピンホールカメラの原理に基づいている。建具として雨戸と障子が用いられていた日本では、この現象が屋内に自然と現れていたのである。日本家屋はカメラと同じ構造を持っているという考えから、記録写真-大田道洋氏による提供のもの-を、 空中に焦点がくるようにして投影した。私は竹と障子紙を用いたカメラを作り、それを用いれば記録写真を見られるようにした。鑑賞者が竹にあいた穴を覗くと、障子紙に柔らかな光のイメージが投影され、昔の雰囲気を垣間見ることができるのである。

[Fig.1.] Hokusai Katsushika (1760 - 1849): “Saiana no Fuji (Mt. Fuji projected through a knothole)” in the illustrated book titled “Fugaku-Hyakkei (100 Scenes of Mt. Fuji” woodprint (1834) / 葛飾北1760 –1849): 「さい穴の不二」雨戸の節穴から障子に映し出された富士山の倒立像、「富嶽百景」(1834)より


* In Japanese architecture, fusuma are vertical rectangular panels which can slide from side to side to redefine spaces within a room, or act as doors. 
** In traditional Japanese architecture, a shōji is a door, window or room divider consisting of translucent paper over a frame of wood which holds together a lattice of wood or bamboo.
***Special thanks to Mr. Michihiro Ota for the archive slides. / スライド写真をご提供頂いた㈲むつみ写真工房山口 代表取締役 大田道洋様に感謝申し上げます。






photo: Michihiro Ota



photo: Michihiro Ota






KEEPING SHADOWS project 影を保つこと


Akiyoshidai International Art Village - Artist in Residence Support Program 2016 / 秋吉台国際芸術村 – trans_2015-2016

My project during the Artist in Residency Program at AIAV focuses on shadows. In my work 'shadow’ symbolises the past, memory, tradition, and the culture itself. The inspiration of my research is Junichiro Tanizaki’s essay: In Praise of Shadows (1933) * which introduces the important of shadow in Japanese culture. Tanizaki explains how bright light vanishes the small, but significant details of tradition, and how the atmosphere therefore changes. The soft natural light of the shoji paper lamp for example, replaced by the strong electric light, and even the moon-viewing is disturbed by the light pollution. Several installations connected together in the exhibition space with this topic.

滞在中のプロジェクトは影に焦点をあてた。私の作品の中で「影」は、過去、記憶、伝統、また文化そのものを描写する。谷崎潤一郎「陰翳礼讃(1933)」に影響を受けている。谷崎は、日本の文化の中で、影がどれほど重要かということを言及している。また、小さな、しかしながらとても重要な伝統の一部が明るい光によって消され、その結果、いかに空間や雰囲気が変えられてしまうかということについても説明している。例えば、障子の柔らかいランプの光が、強い蛍光灯に変えられてしまったとき、お月見は光の妨害によって楽しめないものになるといえる。展覧会場では、このトピックにまつわるインスタレーションが展示された。

Junichiro Tanizaki: In Praise of Shadows (1933) English translation by Leete’s Island Books, Inc. (1977) ISBN 0-918172-02


 



The report book of "trans_2015-2016" has been published! レジデンス・サポート“trans_2015-2016”の報告書が完成しました!
ご所望の方はどうぞ芸術村にてお声がけください。

Read it online.:




AIAV trans_2015-2016 interview video




The Features of This Land  - “trans_2015-2016
(group exhibition)


AIAV - Akiyoshidai International Art Village - Artist in Residence Support Program


ドナルド・アバド Donald Abad (France)
タマシュ・スベット Tamás Szvet (Hungary)
山田哲平 Teppei Yamada (Japan)
クエンリン・サイ Kuenlin Tsai (Taiwan)
マリ・マキオ Mari Makio (Finland)
インセイン・パク Insane Park (Korea)



Opening 27th Feb. 18:30h

Date: 28th Feb.(Sun) – 7th Mar.(Mon) 10:00 – 17:00 (Admission free)



アーティストそれぞれの視点で「この土地の魅力」をテーマに創作した作品を発表します。

期間:228()37() 100017:00

入場無料 プログラム詳細> レジデンスの様子はこちらで随時アップデート中 facebook>


All Rights Reserved © 2009 Tamas Szvet
Please contact Tamas Szvet for use or publication of these articles or any written or visual content.